世界に広がるnlp│セミナーを開催する協会や団体を知る

芸術家になる

勉強道具

書道を軸に仕事を行なうことも可能ですが、書道といっても書道家などプロになる、教室を開いて書道を教える、学校で先生として書道を教えるなど道は様々です。もし教室を開くのであれば、師範レベルの資格や免許があったほうが有利です。また学校で教えるのであれば教員免許が必要になることもあるので、目指す目的に応じた資格取得を行ないましょう。また芸術性の高い書道家として進むのであれば、自分でコンクールに出展したり個展を開いたりして、多くの人に知ってもらう必要があります。いまは世界に情報発信するため、SNSページやホームページを開設するケースも増えています。企業の商品とコラボすることで、書道家として知名度を高められることもあるので、人脈づくりも意識的に行なっておくことが必要不可欠です。

書道家になるためには、まず書道に関する基礎知識を持っておくことが大切です。いまは書道スクールやワークショップ、また専門学校まで存在しています。学生なのか社会人なのかによって学ぶ環境選びは変わってきますが、きちんと技術と基礎知識を学ぶようにしましょう。学校などできちんと学ぶことで検定を受けて資格取得も可能ですし、学校で講師や学生と関わることで人脈づくりにも一役買ってくれます。書道家になるために必ずしなければならないことなどはなく、大学卒業後や社会人として働き始めてからなど、始めるタイミングは人それぞれです。人に認められるような書道家を目指して、自分なりに学ぶ方法を見つけていきましょう。