世界に広がるnlp│セミナーを開催する協会や団体を知る

資料請求から始める

メンズ

病気の発症によって上手く話せなくなった人、あるいは生まれつき障害があり話すことがあまり上手ではない人に対して、リハビリ指導を図る仕事として言語聴覚士があります。言語聴覚士はただリハビリ指導をするのではなく、話せなくなった原因や家庭環境含めて精神面のケアもする役割を担っています。いまは言語聴覚士を目指す人のための学校も多いので、大学や専門学校、短大など専攻科目のある学校へ進学し、言語聴覚士になるための資格習得を行なっていきましょう。この言語聴覚士は国家試験となるので、しっかりと勉強し資格習得した上でなることが出来ます。

学校選びのときには、時間帯を確認しましょう。もし昼は福祉施設や介護施設など働きたいのであれば夜間部、まずはしっかりと言語聴覚士の資格習得に向けて勉強に集中したいのであれば昼間部を選択するといいです。また知識を深めたいのであれば4年制大学、短期間で学んですぐ仕事をスタートさせたいなら短大や専門学校へと進学するべきです。どの学校であっても、これまでの就職率はチェックしておくことが大切です。また資格取得の際の合格率も合わせて確認しましょう。いまは全国各地に学校が点在しているので、どこに通ったらいいか迷うのであれば、複数の学校の資料請求を行ないましょう。そうすれば自宅にいながらカリキュラム内容や学費、その他の情報を得ることが出来ます。資料請求はほとんど無料対応なので、気になったところをいくつか取り寄せてみましょう。